雨のしくみなどについて勉強していました

エアなどについて研究しました。氷の粒が次々成長して重くなると、アップ気流でささえきれなくなって落下し、優しい下層でとけて土砂降りになります。そういう土砂降りを刺々しい土砂降り(氷晶土砂降り)といいます。もう1つの土砂降りは、熱帯郷里や夏季のまん中緯度郷里に見掛けるもので、温度が0℃以上で、氷晶を含まない雲から落ちる土砂降りだ。凝結源に大小があると、雲粒にも大きな雑貨とちっちゃなものができます。雲が気流の不調の中でアップや減速をくり引き戻すうちに、落下進度のずれから雲粒の大きな粒がちっちゃな粒をずっととらえて雨粒に成長します。そういう土砂降りを優しい土砂降りといいます。水滴は0℃以下になっても何となく凍らずに過アイシングとよばれる状態にあることが多いです。天気の工夫を食らわすエアの実践エネルギーのもとは、光として地球に訪ねるお天道様射出エネルギーだ。このようなことを覚えましたが、知っていたことや思い出深いなと思った字がありましたが、中には知らなかったこともありました。酵素 一番痩せる

雨のしくみなどについて勉強していました