三菱自動車、心底ヤバい

何が、ヤバいって
三菱自動車で人気の軽自動車、ekワゴンとek空席、そして、日産自動車に給与(OEM)されているデイズ、デイズルークスの燃費弊害は、ついに領地交通省が本気の条件をしようとしている。
自動車メーカーにとってポイント、それは「範疇規定」を盗ることである。
今回の燃費不当弊害は、これまでの三菱自動車の条件が余りにずさんだったことに加え、二ごとの回収隠しをしても、いまだに懺悔をしていないということを世の中に見せてしまった結果、今日領地交通省はさっき紹介した4モデルについて、「範疇規定」を取り消すことも検討するという通信がある。

範疇規定を失うことは、自動車メーカーにとっては非常に厳しい打撃です。
しかも、三菱自動車だけでなく、日産自動車に供給するモデルにまで衝撃が及び、燃費不当が露呈後者、製造、提供回避を余儀なくされて掛かる。
フィールドのワーカーにしてみれば、災い千万以外の何物でもありません。
不当は、社会にも大ダメージを与える、言わば、世間に対する悪業そのものです。

三菱自動車、心底ヤバい

今年の漢字一文字に違和感・・・私ならこれかなという一文字

今年の漢字一文字が発表されましたね。
「金」だそうです。
・・・何回目だって感じですが、今までと違って、今年ってそんなに金を意識する年だったかな?と違和感を覚えました。
選考理由としては、オリンピックで日本人が金メダルをとる活躍をしたとか、アメリカの次期大統領が金髪だからとか・・・それでいいの?という理由ばかり。
景気もよくならないし、わけわかりません。
私が思い浮かんだ今年の漢字一文字は・・・ズバリ「天」です。
地震が多発し、多くの被害がでました。
東日本大震災の傷跡も癒えぬ状態なのに、国策が見当違いの方向に進み、ちょっと浮かれている人達もいるみたいですので。
お天道様って言葉ありますよね。
神様みたいな感覚ですが、どちらかというと、自然に逆らわず、流れのままに生き、欲張らず、うらみもしない生き方を心がけるものです。
今一度、私たち日本人は天というものを意識して生きることが大切じゃないかと、様々な天災が来るたびに思うのです。

今年の漢字一文字に違和感・・・私ならこれかなという一文字